染匠きたむらHOME > 染屋のひとりごと

染屋のひとりごと

 

「染匠きたむら」の「染匠(せんしょう)」という言葉。
あまり聴き慣れない言葉だとお思いになったのではありませんか。
実は当店の母体は「染屋(そめや)」なのです。

着物(呉服)はなんでも染められるというのが、染屋での一般常識になっているように思われますが、実は幾種類もあり、柄物、無地染めを基本に、柄物では、一ツ身、のしめ、三ツ身、四ツ身、着尺、付下げ、訪問着、中振袖、振袖、長襦袢(ながじゅばん)、裏地、肩裏(かたうら)、衿(えり)、八掛(はっかけ)、帯揚げ、風呂敷、小物類 等々、通常は以上を得意とし、それぞれ専門に染める業者があり、それなりの自負心を持っているのです。

京都の染物といえば友禅(ゆうぜん)。その友禅の中でも、有名なのは「手描き友禅」。しかし、友禅には他にも種類があるのです。当店の母体である染屋では、「板染め友禅」という技法で染付けを行っております。「手描き友禅」は反物(たんもの)一枚一枚を塗り絵のように筆で色づけしていく技法ですが、それに対して「板染め友禅」は筆を使わず木型を使います。 まず反物の模様部分の色別に木型を作り、それを版画の要領で反物に染め付けしていくのです。染め付けは各色別に作った木型ごとに行っていきますので、多くの色を使用したデザインなどになりますと、何版もの染め付けを行うことになります。当店2階では常時、この「板染め友禅」の着物を展示しておりますので、是非ともご覧ください。

こちらでは皆様に着物をより知り、身近に感じていただくために、着物豆知識をご案内させていただきます。時に着物を着なければならない場面、また着物を着たいと思われた時にご参考にしていただければ幸いに存じます。

 

着物の「種類」と「格付け(用途)」

 
名称 格付け(用途)
黒留袖
【 くろとめそで 】
黒地で五カ所に家紋を染め抜き。裾の方だけに模様をつけた着物を黒留袖といい、既婚女性の第一礼装となります。黒留袖を装うのは結婚式などの祝い事の儀礼的な場所となります。
色留袖
【 いろとめそで 】
色留袖は黒留袖と同格で、未婚女性も着られる祝儀用の第一礼装です。
黒留袖同様、色地に格調の高い裾模様と五つ紋が正式ですが、略式の三つ紋や一つ紋にすると五つ紋ほど改まらなくてもよいときなど、広範囲に装うことができます。
振袖
【 ふりそで 】
華麗で袖丈の長い振袖は、結婚式、謝恩会、成人式、お正月など改まった席に着ていく未婚女性の祝儀用第一礼装となります。
袖丈は数種類あり、袖丈が長いほど格調が高く改まった装いとなります。
訪問着
【 ほうもんぎ 】
訪問着は留袖に次ぐ既婚女性の略礼装です。
留袖とは違い模様が上半身や袖にもあり、華やかな着物となっています。
一つ紋を付ければ準礼装にもなり、未婚女性の場合は正装として用いることができます。
模様や色彩は着物の中で一番種類が多く、広範囲に装うことができます。
小紋
【 こもん 】
型染めの着物を総称して小紋といいます。
小紋は着物全体に同じ模様が繰り返されているのが特徴で、模様(柄)に天地がありません。江戸小紋、京友禅小紋など、種類が豊富で小物類の合わせ方でさまざまな装いが楽しめます。
格としては「外出着」扱いとなりますので、結婚式や披露宴などには格が低くふさわしくありません。ただ一つ紋を付ければ略礼装になるものもあります。

【 つむぎ 】
紬は綿織物の一種で、素朴な風合いがあり丈夫で趣向性が高く「街着」としては一番適しているといえます。結城紬(ゆうきつむぎ)、大島紬、塩沢紬などその種類は豊富です。
格としては染め物の着物より下とされますが、最近では織りの着物に染め加工を施して訪問着や付下げとして着られるものもあります。
付下げ
【 つけさげ 】
一見、訪問着のように見えますがその大きな違いは模様が少ないということにあります。また、その格付けも「おしゃれ着」扱いとなり、一つ紋を付ければ訪問着と同格扱いされるものもあります。
色無地
【 いろむじ 】
一色に染められた柄のない着物で訪問着の次に格付けされる最も略した礼装。種類によっては地模様(生地自体に織り模様がなされている)があるものがあります。
紋は染め抜きの三つ紋・一つ紋・縫い紋の一つ紋があり、三つ以上の染め抜きをつけると訪問着より格が上がり略礼装となります。しかし紋無しの場合は礼装にはなりません。祝儀から不祝儀まで利用範囲が広く、例えば花嫁の白無垢、還暦祝の紅衣装、黒無地の喪服もすべて色無地に含まれます。同じ色無地を祝儀用と不祝儀用に分けているポイントは、色と地模様にあります。
祝儀用は色が明るく華やかなもので、逆に暗く沈んだ色味は不祝儀用に用います。ただし両用する場合は、ローズ・えんじ・ブルーなどを選ぶとよいでしょう。
喪服
【 もふく 】
不祝儀用の正装は黒喪服になります。
黒無地の染め抜き五つ紋付きの着物で、既婚者・未婚者を問わず用いられます。着物以外の「帯」「帯揚げ」「帯締め」「草履」「ハンドバック」などの小物は黒で統一し、他の小物は白と覚えておくとよいでしょう。

【 はかま 】
かつて学生らしさを表現した袴は今では卒業式の定番となっています。
袴に合わせる着物は正式には色無地に五つ紋を染め抜いたものですが、三つ紋・一つ紋でもかまわないでしょう。
葬儀に参列する場合は、黒無地の五つ紋の喪服に紺色の袴を合わせます。
浴衣
【 ゆかた 】
夏の家庭着または湯上がりに着る単衣(ひとえ)の着物ですが、ちりめん・綿絽(めんろ)・ちぢみ・絞りのゆかたは基本的に街着として着られます。
ただし、最近ではあまり堅苦しいしきたりを気にせずに着用されている傾向がありますので、好みで自由に気軽に楽しめます。
単衣
【 ひとえ 】
着物には季節感を重視する「衣替え」というしきたりがあり、5月中旬から6月の初夏と、9月から10月上旬の初秋の装いには裏地(胴裏と八掛)を付けない単衣仕立てになります。

【 ろ 】
7月と8月の盛夏には絹の絽や紗(しゃ)、または麻生地で薄く軽く透けて見える生地の単衣の着物を着ます。
盛夏用の絽や紗の訪問着には夏らしい涼感のある色柄が多くあり、一つ紋を付けておけば準礼装用になります。また絽の一つ紋付き色無地の着物であれば、あらゆる場に役立ちます。

 

「紋」について

 
着物における紋の種類 着物における紋の位置
一つ紋 背中中央部分に1つ
三つ紋 背中中央部分に1つ・左右の前袖に各1つ
五つ紋 背中中央部分に1つ・左右の前袖各一つ・胸の左右に各一つ

紋の数が増えるほど着物としての格付けがあがります。
ただし、仮に友人の誕生日を祝うホームパーティに招待された場合、
格付けが高い「五つ紋」の着物を 着ていくことは着物の格が高すぎて招いていただいた方に失礼にあたりふさわしくありません。
このような場合は出来れば「街着」もしくは「おしゃれ着」に属する格付けの着物(小紋や付下げや紬など)を着て
行く方がよいでしょう。

 

染屋・板場友禅

 

板場友禅の工程を一部紹介します。

板場友禅の型置き中 柄に地色がさしこまないよう糊で伏せています 挽粉を撒く様子
( 1 ) 板場友禅の型置き中 ( 2 ) 柄に地色がさしこまないよう
糊で伏せています。
( 3 ) 挽粉(ひっこ=木くず)を
撒いて糊が無地のところに
つかないようにしています。

伏せたら干して自然乾燥!
次は地色を染める工程に入ります。

 

ページトップへ

レンタル着物
着物レンタル
Kimono
振袖・袴レンタル
Furisode・Hakama
留袖レンタル
Tomesode
訪問着レンタル
VisitingDress
浴衣プラン
Yukata
和装小物ショップ
Japanease Accesary
東山ガイドマップ
近隣MAP
Map
東山北部MAP
North Map
東山南部MAP
South Map
染屋のひとりごと
京友禅について
Kyo Yuzen
着物の種類と格付け
Various Kimonos
紋について
Crest
板場友禅
Itaba Yuzen
染匠きたむら
〒605-0824
京都市東山区下河原通高台
寺門前下河原町470
TEL/FAX 075-531-3981
ひかり電話 050-5805-0974

染匠きたむら外観写真